« 杉尾啓冶杯ダートトライアル2008勝手に広報 | トップページ | 今度は岸田祭り? »

2008年5月12日 (月)

地元 初勝利

Y1p0_ykirvw9jlg9cjhnnayc0hpsdb6bquz こんばんわ。

昨日は鈴鹿サーキットで

フォーミュラニッポン第2戦が行われ

ポールからスタートしたインパルの

松田選手がそのまま逃げ切り

見事ポールトゥウィン!

開幕2連勝!!

おまけに地元鈴鹿で初勝利!!!

今年もインパルの年???

Formula Nippon Official Site

http://www.f-nippon.co.jp/

国内最高峰の自動車レース、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの今季第2戦は11日、三重・鈴鹿サーキット(1周5.807キロ)で20台が出走して43周の決勝を行い、昨年のシリーズ王者・松田次生(ローソンIMPULトヨタ)が1時間25分29秒495(平均時速175.25キロ)で今季2連勝を果たした。三重県出身の松田は通算4勝目で、鈴鹿では初勝利。

 新人の平手晃平(TPチェッカーIMPULトヨタ)が2位で初表彰台。アンドレ・ロッテラー(ドイツ=ペトロナストムス・トヨタ)が3位に続いた。

 ポールポジションからスタートした松田は序盤からレースをリード。途中、他車の事故で2度もセーフティーカーが導入され、築いたリードを失ったが、危なげなく逃げ切った。

 2戦連続ポール・トゥ・ウインの松田は選手権ポイントを32点とし、2位の平手らに20点差を付けた。

 併催の全日本F3第6戦ではカルロ・バンダム(オランダ=ダラーラ・トヨタ)が初優勝。登竜門クラスのフォーミュラ・チャレンジ・ジャパン(FCJ)第4戦決勝では千代勝正が2連勝した。

 フォーミュラ・ニッポン第3戦は5月24~25日、栃木・ツインリンクもてぎで行われる。

|

« 杉尾啓冶杯ダートトライアル2008勝手に広報 | トップページ | 今度は岸田祭り? »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503207/20918117

この記事へのトラックバック一覧です: 地元 初勝利:

« 杉尾啓冶杯ダートトライアル2008勝手に広報 | トップページ | 今度は岸田祭り? »